海外業者と国内業者|資産運用したいなら投資信託が良い|初心者でも安心してできる
男性

資産運用したいなら投資信託が良い|初心者でも安心してできる

海外業者と国内業者

お金

fxは証拠金を預け外国通貨を売買することでその差益を得るという金融商品です。2000年代から本格化したこのfxは少ない資金で大きな資金を動かすことができることから株式投資以上に人気のある金融商品となっています。一方でハイリスクハイリターンであるため損失を大きく出す投資家も多く、そのため日本国内では規制が行われるようになっています。その規制の代表的なものがレバレッジの設定です。レバレッジは資金に対してどれだけの倍数の資金が動かせるかどうかのことで、日本では2010年から個人では最大25倍、法人では最大100倍となっています。このため個人がfxを行う場合には最大25倍までしかレバレッジが設定できません。一方で海外fx業者はこの規制に掛からないのでハイレバレッジの取引が個人でも行うことができます。

海外fxと国内fxを比較した場合には取引の自由度が高いといったことがあります。特にレバレッジで比較すると国内fxが最大100倍までなのに対して海外fxでは100倍以上で最大800倍程度まで設定することができる業者もあります。このためより高い利益を得たい場合には海外fxは有利です。また口座開設も国内fxと比較してもそれほど難しくありません。特に日本人向けにサービスを提供している海外fxであれば国内fx業者と変わらない手順で口座開設を行うことができますし、日本語によるサポートも受けることができます。またスワップやスプレッドなどを比較しても海外fxだから特段高いというわけではありません。一方で海外fxの注意点としては国内業者と異なり業者選びが重要な点です。比較サイトなどに登場する業者であれば問題ありませんが、それ以外の業者は正規の業者であるかどうか確認する必要があります。